06 2013、2014、2015-2070

あと数時間で2013年が終わり、新たな年を迎えますね。本当に、あっという間の一年でした。

大学を卒業して社会人としての第一歩を踏み出し、生活も意識も人格も大きく変化した一年。

これまでの自分の甘さ、薄さばかりが身に染みる辛い一年でした。が、少しずつですが、成長も実感出来ています。

 

気が付いたら2070年だったけど、何にも残ってない。なんて浦島太郎にならないよう、1年1年を確実に積み重ね、自分を高めたいと思います。

2014年に何をすべきか、具体的な行動指針をもって生活していきます。

 

その前に、2013年の振返りを。

1~3月までは、今の会社でアルバイトをさせて貰いながら、何かに追われるかのごとく必死に遊んでいました。卒業旅行のハワイも今年。

 

学部の卒業パーティではMCと漫才なんかもやりました。

我ながら結構ウケました。

 

大学時代の仲間がいるからこそ、今の自分があります。

そもそも広告やイベントの仕事を目指したのも、バンドやお笑いやメディアで頑張っている仲間の手助けがしたい、という思いからです。

来年も再来年も、80歳のジジイになっても、今の関係を続けていきたいと思っています。

 

4/1には今の広告代理店に入社。

4~6月は、とにかく仕事でテンパってばかりいました。

希望していた新規顧客開拓がミッションの部署に配属して頂きましたが、当初はアポすら取れず。毎日数十件電話をかけては断られ、かけては断られ。

初受注もこの時期ですが、数十万規模の単純なツールの制作進行すらミスばかりで、まともに回せず。(今でもイージーミスは多発してますが。。)

厳しくも暖かい先輩や上司の皆様には、見捨てずに丁寧に叱って下さった事を本当に感謝しています。

 

7~9月になると、既存顧客が出来、一連の商流が理解出来たこともあって、少しずつ仕事にも慣れてきました。

10~12月に大きく変わったのは、仕事に対する意識。一日一日、自分が自社、他社、社会に対してどんなバリューとプレゼンスを発揮して働くべきか、少しずつ意識するようになりました。

 

 

入りたかった会社で、入りたかった部署で、やりたかった仕事が出来ていること。本当に感謝すべき良い一年でした。

何より、初受注は人生で一番嬉しかった思い出です。

 

プライベートもすごく充実していました。

今年の11月、僕の誕生日には、地方に住む友人が上京して祝ってくれました。

 

月並みですが、公私ともに、人に支えられ、本当に充実した一年でした。

ですが、まだまだ未熟な部分が多く。成長スピードを変えなくてはならないし、人に恩返ししなければならない。

 

2013年の反省を踏まえた、2014年の行動指針は下記の3点。

①時間を正しく使う

時間は有限。という事を、より強く意識して行動します。

いつ何を達成するために、今何をすべきか。長期的視座から逆算し、焦りを持って日々を過ごしていきます。

 

②人に与える

今年は、人から支えられ、与えられた一年でした。

が、いつまでも与えられてばかりいるわけにはいきません。

行動を変え、人格を変える。言葉だったり、行動だったり、何らか人に与えることをしていきます。

 

③自分で生み出す

営業という職種をいい意味で越権し、企画やアイディアを出していきます。

プライベートでも、楽しみを生み出す働きかけをしていきます。

 

以上です。

2014年も宜しくお願いします。

良いお年を。